日焼け対策のビタミンといえばビタミンC|外から化粧品でサポート

コラーゲンの話

「肌にもビタミンCが良い」と、みなさん何となくはご存じのはず。でも化粧品のラベルを見ると「ビタミンC」と「ビタミンC誘導体」がありませんか?どちらもビタミンCとついてはいるけれど、同じもの?別もの?

知識ざっくり実践タイプのしぃ先生と一緒に勉強してみましょう♪

ビタミンCは壊れやすい

ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれるビタミンの1種で、一般的に黄色や酸っぱいイメージがあります。でも実は、ビタミンC自体は無色透明です。

ビタミンCは酸化を防ぐはたらきがあるので、「抗酸化剤」「還元成分」といった説明があります。つまり、基本的には化粧品の抗酸化剤として入っています。理科の授業で習った記憶を必死に思い出してほしいのですが、相手を酸化防止(還元)するということは、自分(ビタミンC)は酸化するということになります。

ビタミンCは水溶性(水に溶けやすい性質)ですが、水溶液中で不安定といわれています。つまり、化粧水に入っているビタミンCは不安定さMAXです。

不安定というのは「酸化=サビつく、古くなる」ということで、ビタミンCとしてのはたらきができなくなってしまいます。これは大問題ですよね。そこで開発されたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体で安定したビタミンC補給ができる

化学式が苦手な女性は多いですが、ビタミンCの化学式が変化するということは、ビタミンCとしてのはたらきができなくなるということに他なりません。化粧品の中のビタミンCは化粧品自体に対しての酸化防止剤なので、中身が無事であればOK!ただし、医薬部外品のように肌に対してビタミンCにがんばってもらいたい場合は、ビタミンCがはたらいてくれないと困るわけです。

ここで登場するのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、あらかじめ他の物質とビタミンCを合成してくっつけておきます。そして化粧品を肌につけたときに切り離され、ビタミンCとして肌に対してはたらくように調整されたのが医薬部外品の中のビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体にはさらに種類がある

ビタミンCを何と合成するかによって、少しずつ性質が変わります。

  • 水溶性
  • 脂溶性
  • 両性(どちらも)

どのような効果がほしいかによって使い分けるといいでしょう。

水溶性ビタミンC誘導体

水に溶けやすいビタミンC誘導体のことです。細胞は脂ベースの膜でおおわれているので、水溶性のものはしみ込みにくい特徴があります。そのため、水溶性ビタミンC誘導体は肌表面で作用するので即効性があります。

どちらかというと、ニキビケア美白化粧品に含まれていることが多いです。アスコルビルリン酸Na、アスコルビルリン酸Mg、グリセリルアスコルビン酸などが該当します。

脂溶性ビタミンC誘導体

脂に溶けやすいビタミンC誘導体です。はたらくまでに時間はかかりますが、肌の奥まで入りやすい分、じっくりとたるみ毛穴や小じわ対策に力を発揮します。テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パルチミル酸アスコルビルなどが該当します。

両性ビタミンC誘導体

水溶性と脂溶性どちらの性質も兼ね備えており、肌のハリや弾力UP、シワ改善や美白にも効果が期待できます。ただし、かえって安定性が悪いといわれていますので、このビタミンC誘導体だけに頼ることは少ないでしょう。パルチミン酸アスコルビルリン酸Naが該当します。

悩みに合わせたビタミンC誘導体入り化粧品を使いましょう

それぞれ、性質が異なるのではたらきも変わります。人によって悩みはさまざまだからこそ、自分の悩みに合ったものを選ぶことが大切です。商品によっては乾燥しやすかったり刺激を感じたりすることもあります。試用できるコーナーがあれば、一度確認してから選んでみてくださいね。