ラップ一枚分だからこそスキンケアには気を付けるべし!

スキンケアをする女性 スキンケアの話

前回、「肌はラップ一枚分」とお伝えしました。

「えー、化粧水をバシャバシャ使うのはもったいないな」

「高い化粧水じゃなくていいかなあ」

「パパっと顔につけて終わらせよう」

皆さんもいろんなことを考えたはず。

だからこそ、ちょっと注意したいことを今日はご紹介したいと思います。

肌はデリケートだからこそ丁寧に

表皮は0.2㎜程度、角質層は0.02㎜程度。

ラップ一枚分というペラッペラの中に、たくさんの細胞が詰まっています。

ペラペラだからこそ、逆に言えば、ちょっとしたことで壊れやすいともいえます。

・パンパン頬をたたく

・少量の化粧水や美容液を肌にすり込む

そういったことをしていませんか?

これをやりすぎてしまうと、細胞が壊れやすく、かえって肌トラブルの原因になりやすくなります。

特に目元は肌がより薄いので、しわや色素沈着の原因になったりも。

あなたは間違った塗り方をしていませんか?

ポイント:そっと包み込むように塗るべし

スキンケアをする女性

このイラストの通り、両手で肌を包み込むように塗るのがおすすめです。

塗り薬でも、そっと肌に置くようにたっぷりのせるよう指導するんですよ。

バシバシ叩き込むようにする必要はありません。

そっと肌にのせること、手の温かさで包み込むことで浸透しやすくなります。

朝は毛穴をキュッと引き締めたい人も多いと思うので冷たい化粧水でもいいと思いますが、夜は手で温めた化粧水を塗ってみましょう。

スキンケアに大切なのは「触れる」こと

「化粧水をつけるのだから、触れるのは当然でしょ?」

と、思われた方もいらっしゃるでしょう。

でも、「触れる」とはどういうことを指すのか?

すでに出てきましたが「やさしく触れる」ことが大切です。

触れることで”オキシトシン”という物質が分泌されます。

これは出産して授乳するようになると分泌されるものですが、その他に

  • ストレス緩和
  • 社交的になる
  • 記憶力アップ
  • 質のいい睡眠をうながす
  • 美肌

といったうれしい働きがあるといわれています。

幸せホルモンと呼ばれる”セロトニン”は、このオキシトシン増加がきっかけで分泌がうながされる物質です。

幸せそうな人は、上記のようなことも見られませんか?そういうことなんですよね。

人やペットと触れ合ったり、恋愛小説を読んでみたり。

エステに行ったりおしゃべりしたり。

そういうことがきっかけでオキシトシンが増えますが、手軽にできるのが「自分で触れること」。

スキンケアは毎日のことだからこそ、オキシトシン分泌をうながして美肌をキープするための手軽な手段といえます。

いつものスキンケアをほんの少し、力加減を変えるだけです。

ぜひ、今日から実践してみてくださいね。